住宅改修 じゅうたくかいしゅう桃太郎

介護保険住宅改修工事について

介護保険で要支援認定、要介護認定を受けておられる方は、上限20万までを限度に住宅改修費が給付されます。

介護保険適用には規定がございます。
また事前に見積もりと申請書類を付けて役場に事前申請の手続きが必要です。
日数に余裕をもってご相談ください。

以前に給付の実績があるかも含めてご相談ください。

※ケアマネジャー、福祉住環境コーディネーターなどの資格を持ったスタッフがご訪問し、適切なアドバイスをいたします。


介護保険が適用される住宅改修

介護保険対象住宅改修事例集(PDF)


工事にかかった住宅改修費は、原則、全額立替払い(償還払い)を施工業者にしていただき、その領収書と共に管轄役所へ申請し、後日ご利用者様本人のお口座へ管轄役所より振り込みにて、20万を限度にかかった額の9割が返金されます。
名古屋市住宅改修受領委任払い事業所に登録されている施工業者に限り、9割分が直接施工業者へ支払われます。